ゴルフで飛距離を伸ばす秘訣は捻転にあり!正しい姿勢とトレーニング

正しい捻転を習得することにより確実に飛距離を伸ばすことができます。捻転で生じるエネルギーをインパクトの瞬間に利用できるからです。

捻転の正しい姿勢とは?雑巾絞りとバネの反発をイメージしてみよう

ゴルフをやっている方なら、捻転と言う言葉を聞いたことがあると思いますが、その意味をよく理解していない方も多いようです。

捻転とは、右利きの場合はテイクバック・バックスイングで腕を右に振り上げ、トップまで持っていきます。

その一連の動作の最中に腰を左に回していき、腰から肩の間を捻じることで生まれるエネルギーをスイング・インパクトに与えるというイメージです。

日常生活で近いイメージの動作といえば、雑巾絞りをしているときでしょうか。

体を雑巾に見立てて、腰の位置と肩の位置を握りギュッと絞った状態に近い気がします。

 

そして、実際に動きを試してみたり、雑巾を思い浮かべてもらえれば気が付くと思われますが、体全体に大きな負荷がかかる感じになります。

この負荷が掛かっている状態から、バネが反発する時のような元に戻ろうとするエネルギーが生まれ、ダウンスイング時にそのエネルギーが追加されることで、スピードとパワーが増加し飛距離が伸びることになります。

また、負荷に耐えられるようにするための筋力トレーニングや、柔軟性を高めるためのゴルフストレッッチ、体感を鍛えるためのゴルフヨガを行うことで、捻転の効果をより高めることができます。

捻転と似ている回転・手打ちに注意!

捻転の正しい姿勢を言葉では理解していたとしても、実際に体を動かすと回転や手打ちになってしまっているパターンがよく見られます。

それらの正しい知識も覚えて、自分のスイングが捻転・回転・手打ちのどれになっているのかを確かめましょう。

回転の姿勢

捻転と回転との違いは、重心が動くかどうかです。

捻転は、捻転の正しい姿勢で書いた動きをするので、重心は真ん中から動きません。

対して回転は、右利きの場合はテイクバックが始まると腕が右に動いていきますが、それに合わせて腰も右に開いていき、重心も右足に移っていきます。

そしてダウンスイングのときにも、腕の振りに合わせて腰も左に開いていき、重心も左足に移動していきます。

まさに、時計の振り子のように腕と重心が行ったり来たりしている状態です。

スムーズで力強さが伝わってくるスイングフォームではありますが、これではインパクトのポイントがずれてしまい、肝心のボールに力が伝わらなかったり、飛ぶ方向がずれて行ってしまう傾向にあります。

手打ちの姿勢

捻転と手打ちの違いは、腰から上を捻るかどうかです。

捻転と手打ちは重心が真ん中から動かないという点は共通していますが、腰から肩にかけて捻りを加えないでスイングするのが手打ちになります。

外から見た感じでは捉えにくい上に、腕力のあるプレイヤーならそれなりに飛距離が出てしまうので、勘違いされやすいのも事実です。

しかし手打ちであれば、重心の位置や足の位置、腰の位置をそのままにして、お腹周りを捻じるような感じでバックスイングをすることで、捻転にすることができます。

捻転に大切なのは筋力・柔軟性・体感の3つのバランス

捻転を強化しようとしたときに、まっさきに思い浮かぶのが筋力トレーニングだと思います。
全体的に筋力をつけるのが理想的ですが、飛距離を伸ばすためには主に背筋・体幹・下半身を鍛えるのが効果的です。

懸垂や腹筋、プランク、スクワットなどが有名ですね。確かに、筋力を強化すればスイングパワーが強くなり飛距離が伸びるということは間違いありませんが、筋力だけを付けて体が硬くなってしまっては、バックスイングのときに体を捻れなくなってしまい、手打ちなってしまいます。

そこで柔軟性を高めるためにストレッチをすることが必要になってきます。

捻転で必要とされているのは、肩周りの可動域を広げるための柔軟や、お腹周りのを捻じれるようにするための柔軟、踏ん張るための股関節周りの柔軟とされていて、それらの柔軟性を高めるためのゴルフストレッチというものがあります。

 

筋力と柔軟性の強化についてふれてきましたが、もう一つ重要なのが体感の強化です。

体幹と体感が似ているので補足説明しますと、体幹は体の内側にある筋肉の事を指し、体感は主に体のバランス感覚の事を指します。

そして体感で大切なのが、テイクバックからインパクトの瞬間まで、重心の位置をずらさずにキープできることや、一連の動きを足のつま先から頭のてっぺんまでスムーズに連動させれるようにする、といった体全体のバランス感覚を鍛えることです。

そこで注目されているのがゴルフヨガです。

ヨガというのは体感を鍛える効果はもちろんのこと、気持ちをリラックスさせる効果もあり、ゴルフプレイヤー向けに組んだプログラムをゴルフヨガといいます。

トレーニングのためだけではなく、プレー前の準備運動やプレー後のクールダウンに行っている方もいます。

正し捻転を習得してゴルフをより楽しもう!

筋力トレーニングをするだけでは、ゴルフで飛距離を伸ばすのに限界があります。

体全体を使ってエネルギーを有効活用するためには、正しい捻転を習得しなければなりません。

手打ちや回転と捻転の違いを理解し、筋力トレーニングやゴルフストレッチ、ゴルフヨガをバランスよく組み合わせてみてください。

そうすることで今までよりも飛距離が伸び、ゴルフをより楽しくプレーすることができるでしょう。

2ヶ月でスコアが変わる!気が付いていないクセはありませんか?
4.8

こんなお悩みがある方にオススメです。
・スコアが伸び悩んでる
・スイングに変な癖がついてしまった
・100切ることができない
・ドライバーの飛距離を伸ばしたい
・何から始めていいかわからない

ゴルフで飛距離を伸ばす秘訣は捻転にあり!正しい姿勢とトレーニング
最新情報をチェックしよう!