マレット型とピン型パター用ゴルフクラブ初心者はどちらがおすすめ?

ゴルフ初心者は、マレット型とピン型どちらのゴルフクラブを使ってパター練習をするべきなのでしょうか。

効果的な練習方法について解説します。

自分に合ったパターは?

ゴルフコースにはいろいろなゴルフクラブを持ち込んで、状況に応じて持ち帰る必要があります。

中でも欠かせないのが、最後に登場する「パター」という種類のゴルフクラブ。

カップにボールを入れる役割を果たすため、非常に重要なクラブと言えるでしょう。

パターと一口に言ってもいくつか種類があるため、初心者としてはどれを選べばいいのか迷ってしまいがち。

「自分に合ったもの」というのが正解なのですが、始めたばかりの頃は自分の癖もよく分からないのではないでしょうか。

まずはマレット型とピン型の違いについて知っておきましょう。

安定感があるマレット型

マレット型は、別名かまぼこ型と呼ばれることからも分かる通り、半月のような形をしています。

ピン型に比べてヘッド部分が大きく、見た目にも重量感があるのが特徴です。

マレット型はこの半月部分、つまりヘッドの後部に重心が位置しています。

ボールが触れるフェース面から重心までの距離が長いため、打ったときにインパクトを感じにくい種類です。

このインパクトを感じにくいという特徴は、打った感覚に左右されることなくボールを打ち出すことができるというメリットに通じます。

 

重心が深い部分に位置しているため、ぶれにくくストロークが安定するというのもメリットです。

そのため、マレット型のパターはピン型に比べてまっすぐ打ち出しやすいと言われています。

ヘッドが大きいので軽い力でも距離が出せる、というのも特徴です。

打つ時にボールの芯を外してしまったとしても、ヘッドが大きく十分な重さがあるので、その重さによって十分な距離を出すことができるのです。

近年では、マレット型よりも更に大きい「ネオマレット型」という種類も登場しており、マレット型のメリットを最大限活かせるような作りになっています。

操作性の高いピン型

初心者が「パター」と聞いて真っ先にイメージするのはこちらのピン型でしょう。

「ブレードタイプ」「トゥヒールタイプ」といった呼び方もあり、ヘッド部分が小さく上から見ると長方形になっています。

この長方形がピン型のメリットの一つ。

とにかく直線的なラインで形成されているため、目標に対して直角に構えやすいという特徴があるのです。

また、ヘッドがマレット型に比べて小さいので、自分でコントロールがしやすいという利点もあります。

ミスに強いのも大きなメリットの一つ。

ピン型は構えたとき選手側に来る「ヒール」と、逆側の「トゥ」の2点に重量があります。

この構造によってボールを打つのに最適な「スイートスポット」が広くなり、結果ミスヒットに強くなっているのです。

初心者にはピン型がおすすめ

マレット型とピン型、初心者にはどちらがおすすめかは、その人のプレイスタイルや癖によって異なります。

が、基本的にはピン型がおすすめだと言われています。

その理由は構えやすさと操作性の高さ、そしてミスへの強さです。

ピン型は直線的なラインで構成されているので、初心者でも目標に対して直角に構えやすいという特徴があります。

また、トゥとヒールの2点に重量があるのでヘッドがぶれにくいことも、構えやすい理由の1つとなっています。

重心位置が深すぎず、かつヘッドが小さいので自分でコントロールがしやすく操作性の良さも初心者向けと言えるでしょう。

しかしこれはあくまで一般論。どう打っても曲がってしまう、という人はまっすぐ打つのに適しているマレット型を選ぶといいかもしれません。

自分に合ったパターを探してみよう

マレット型とピン型、どちらのパターにもメリットはありますが、初心者はまずピン型を試してみるといいでしょう。

その上で感覚が合わなければマレット型も試してみて、どちらかを選択するのがおすすめです。

またパターはネックによっても打った感覚が変わってくるので、実際にショップに出向き実際にフィッティングしてみましょう。

2ヶ月でスコアが変わる!気が付いていないクセはありませんか?
4.8

こんなお悩みがある方にオススメです。
・スコアが伸び悩んでる
・スイングに変な癖がついてしまった
・100切ることができない
・ドライバーの飛距離を伸ばしたい
・何から始めていいかわからない

マレット型とピン型パター用ゴルフクラブ初心者はどちらがおすすめ?
最新情報をチェックしよう!