打ちっぱなしで失敗しない為の靴は?【ヒント:本番に近い】

打ちっぱなしではゴルフシューズで練習した方がいいのか、迷ってしまうものです。

打ちっぱなしに適した靴について紹介しましょう。

ゴルフシューズである必要はない

さまざまなスポーツにおいては、練習は本番の服装や靴と同じもので練習をした方がいい場合がありますが、ゴルフは一概にそうとは言えません。

中にはゴルフの打ちっぱなしでもゴルフシューズを履いて練習をしている人もいますが、ゴルフの打ちっぱなしの足場と、本番の天然芝との違いがあるため、ゴルフシューズでない方がいい場合があります。

本番で履くゴルフシューズの底には、プラスチック製の滑り止めがついています。

天然芝の上を歩くときには、滑り止めがついていないと滑りやすく、歩きにくいためです。

 

ただし、ゴルフ練習場の足場は人工芝のマットであることが多いです。

人工芝のマットの上にゴルフシューズを履いて立つと、本番の芝に立つよりも滑り止めの高さ分、高くなります。

本番の芝では滑り止めが沈むのですが、人工芝の場合は沈まないからです。

高さが異なった状態で練習をすると、本番との感覚が違ってしまうため、ミスをしやすくなります。

おすすめはスパイクレスシューズ

スパイクレスシューズなら練習効果が高くなる

滑り止めであるスパイクの分が高くなるなら、スパイクがないシューズを履けばいいわけです。

ゴルフの練習場ではスパイクレスシューズがおすすめです。

滑り止めがついていないので滑りやすいのでは?

と心配になる人もいるでしょう。その心配はありません。

スパイクレスシューズの靴底は凹凸になっていて、滑り止めの役割を果たしています。

雨が降っても滑りません。

高さも本番と同じになるので、より本番に近い状態で練習ができるでしょう。

スパイクレスシューズがない場合

スパイクレスシューズがない、という場合はレンタルすることも可能です。

ただし、他人が履いている靴は抵抗がある、という場合はスニーカーでもいいでしょう。

スニーカーであればスパイクがついていないので、本番と同じ感覚で練習することができます。

中にはサンダルで練習している人もいますが、スパイクのついた靴よりも練習効果としては高いと言えます。

ただし、スニーカーやサンダルの場合、滑りやすいので注意が必要です。

ゴルフの打ちっぱなしは屋根がついてはいますが、足元は濡れています。雨上がりでも同じことです。

人工マットは雨を吸い込んで滑りやすくなっているので、十分な注意が必要です。

デッキシューズもおすすめ

スニーカーでもソールが薄く、滑りにくいものがおすすめです。

スニーカーと同じ感覚で履けるデッキシューズもおすすめです。

むしろデッキシューズの方がランニング用のスニーカーと比べるとソールがフラットで素足のような感覚で練習ができます。

足の指をしっかりと地面につけてスイングできるでしょう。

ゴルフのスイングを上達させるためには裸足で練習をするといい、と言われることがあります。裸足で練習をすると、バランスが取れて上達しやすいのです。

練習場でも裸足で打つことはできますが、衛生面などを考えると抵抗があるものです。

そこでできるだけ素足に近い感覚で打つことができるデッキシューズがいい、ということになります。

 

よりスイングの上達を望むなら、五本指スニーカーや五本指シューズを履いてみるのもおすすめです。

五本指シューズなら、踏ん張りがきいてプレイができます。

地面をつかんで歩くことができる五本指シューズは、通常の靴では使わない筋肉を使って歩くため、足の裏を鍛えることができ膝や腰への負担も軽減できるといったメリットもあります。

初心者の場合、膝や腰に負担がかかりやすいので、五本指シューズを使用すると負担を軽くできるでしょう。

プロゴルファーの中にも練習には五本指シューズを履いている人もいます。

打ちっぱなしに向かない靴

ゴルフ練習場に向かないのはヒールや革靴です。

革靴はスニーカーよりも滑りやすく非常に危険です。

ヒールやパンプルも同じです。

ヒールの場合は足首をひねってしまったり、膝を傷めてしまったりする危険性もあります。

靴を傷めてしまうこともあるでしょう。

また、ヒールでマットを傷めてしまうこともあるので、ヒールでの練習は避けるようにしましょう。

打ちっぱなしで履く靴のFAQ

打ちっぱなしで履く靴にルールはあるの?
特にありません。
サンダルでやっている人もいれば、仕事帰りのサラリーマンやが革靴でやっている人も見かけます。
ただ、安全と練習面を考えるとスニーカーかスパイクシューズが好ましいです。※格式高いゴルフ練習場ではドレスコードがある場合もあります
実際、練習している人はスパイクレスシューズとスニーカーどちらが多いの?
年齢層にもよりますがスパイクレスシューズよりスニーカーで練習している人の方が多いように感じられます。
ソフトスパイクシューズでの打ちっぱなしはオススメしない理由は?
練習場のマット上ですとスパイクの鋲の部分が折れたり、摩耗してしまう恐れがあります。
また、練習場のマットでは芝の時より踏ん張りが効かなったり滑ったりすることも挙げられます。

ゴルフの打ちっぱなしに履く靴は五本指シューズもおすすめ

ゴルフの打ちっぱなしでは天然芝で履くゴルフシューズよりも、スパイクのないスパイクレスシューズやスニーカーがおすすめです。

安全に、より高い練習効果が期待できるでしょう。

反対にヒールや革靴は滑りやすく危険なので避けるようにしましょう。

さらにスイングの上達を望むなら、裸足や五本指シューズを使用してみるのもおすすめです。

2ヶ月でスコアが変わる!気が付いていないクセはありませんか?
4.8

こんなお悩みがある方にオススメです。
・スコアが伸び悩んでる
・スイングに変な癖がついてしまった
・100切ることができない
・ドライバーの飛距離を伸ばしたい
・何から始めていいかわからない

打ちっぱなしに適した靴は安全でより本番に近い状態のものがおすすめ
最新情報をチェックしよう!