ゴルフの腕を上達させるには同じコースを回ったほうが良いのか?

ゴルフの技術を磨くための方法には、同じコースを何度も回る方法と、違うコースを回る方法の2種類がありますが、ここではどちらの方法が良いか迷っている人のために、それぞれの方法のメリットやデメリットについて、詳しく紹介します。

同じコースを回ることのメリット

初心者に最適な方法

ゴルフの技術を上達させるために、同じコースを何度も回ることには、さまざまなメリットがあります。

この方法は特に、ゴルフを始めたばかりの人が、ゴルフの技術を上達させるためには、効果的な方法です。

初心者が同じコースをプレイすることの一番のメリットは、コースを回るという感覚をより早く身につけやすくなることです。

ゴルフをプレイするたびに、違うコースでプレイした場合には、コースをスムーズに回る感覚が身につきにくい場合も多いですが、同じコースを何度も繰り返し回ることで、コースを回るときのペース配分なども、把握しやすくなります。

弱点を克服できるメリット

練習場でのプレイとは異なり、実際のゴルフ場に出てプレイをすることには、さまざまな難しさがあります。

そのために、初心者のころから、さまざまなコースでプレイすることは、ゴルフの技術を上達させるためには、必ずしも適当でない場合があります。

 

1つのコースは基本的に18のホールで構成されていますが、1つのホールごとに必要となる技術も異なるために、初心者の場合、さまざまなコースを回ることを繰り返した場合には、未熟な技術では対応できなくなることも多いので、いつまでたっても上達できないこともあります。

コースの中で不得意な場所がある場合でも、同じコースを何度もまわっていることで、自分の弱点を克服できるきっかけが掴める場合もあり、何度も同じコースでプレイすることで、それぞれのコースの特徴を把握することができます。

コースでプレイすることの最適な点は、ゲームの流れの中で、自然にゴルフの技術を学ぶことができることですが、同じコースを繰り返し回って、コースの隅から隅まで熟知した状態でプレイすることで、技術の上達ということだけに集中して、プレイできるようになります。

違うコースを回ることのメリット

違うコースでプレイすることで得られる経験

違うコースを回る方法も、人によっては、ゴルフの技術を上達させるために有意義なケースもあります。

特に、ある程度実戦の経験がある人の場合には、同じコースを何度も回っているだけでは得られない経験を得ることができる場合も多いです。

違う環境でプレイして揉まれることのメリットは、さまざまな環境に対応できる技術を身につけることができることです。

同じコースを繰り返し回っていれば、そのコースをプレイするための技術は習得できるかもしれませんが、そのコースとは全く異なったレイアウトで設計されたコースでプレイした場合、全く対応できなくなるケースもよくあります。

特に、難易度の低いコースを何度も繰り返し回ったプレイヤーの場合には、簡単なコースを回るための技術は身についても、難しいコースに対応するための技術が、全く身についていない場合も多いです。

違うコースをプレイすることで磨かれる対応力

ゴルフコースは場所によって、個性が非常に異なっていて、各ホールを攻略するために必要な技術も異なっているので、多様なタイプのコースを回った経験があれば、幅広い種類の技術をそれだけ習得しやすくなります。

気分転換のために、いつもとは違ったコースでプレイすることも、ゴルフの技術を上達させるためには効果的なことがあり、同じようなロングホールであっても、コースが違うことで必要な技術も異なるために、今まで気づかなかった技術を向上させるきっかけをつかめることもあります。

ゴルフは風にも大きな影響を受けやすいスポーツですが、違うコースでプレイをすることで、風の影響を考慮したプレイの方法も、習得しやすくなります。

向かい風の強いコースや追い風の強いコースなど、コースによって風の吹き方もさまざまなので、違うコースを多く経験して、さまざまな条件でのプレイに対処できるように練習することで、スコアを縮めるための対応力を身につけることができます。

両方の方法を使い分ける練習の方法

使い分けることのメリット

同じコースを回ることと、違うコースを回ることには、それぞれ異なったメリットがあるので、この2つの方法を使い分けながらプレイをする方法も、ゴルフの技術を上達させるためには効果的な方法です。

これから、本格的にコースデビューをする予定のあるプレイヤーの場合には、しばらくの間、同じコースだけを何回も回ってプレイするほうが、コースを回るという感覚を短期間で身につけやすくなります。

コースを実際に回ることのメリットは、自分の弱点が実戦の中で簡単にわかることですが、グリーンでのパッティングや、バンカーショットなど、コースに出てみなければわからないような自分の弱点も、簡単に発見することができます。

弱点が見つかった場合でも、同じコースを何回も回っていれば、スコアを縮めるための攻略法も見つけやすくなるので、初心者がプレイをするには最適な方法です。

柔軟にスタイルを変えてコースを選ぶ

慣れてきたら徐々にほかのコースでもプレイするようにすることで、より多様な技術を磨くことができます。

同じホールを何回かまわった後に、別のホールを回ることを習慣的におこなってプレイすることも可能で、それぞれの方法のメリットを生かすことができるプレイスタイルです。

自分の技術に未熟な部分がある場合には、欠点を克服できるような別のコースを重点的に回ることで、欠点をしっかりと補正することができます。

特定の技術を向上させることができるコースを集中して何度も回ることにより、伸ばしたい技術を効率的に伸ばすことができるのが大きなメリットです。

自分の成長に合わせて方法を変えていくことも、ゴルフの技術を上達させるためには欠かせない方法です。

適切なコースでプレイすることで上達できるゴルフの技術

ゴルフの技術を上達させるためには、コースを回った経験を増やすことが不可欠です。

同じコースを何度も回ることには、プレイのコツが見につきやすくなるメリットや、自分の弱点を克服しやすくなるメリットがあります。

違うコースでプレイすることには、柔軟な対応力が身につくメリットがあり、自分の現在のゴルフの技術を考慮して、最適な方法を選択してプレイすることが、技術の上達への近道です。

2ヶ月でスコアが変わる!気が付いていないクセはありませんか?
4.8

こんなお悩みがある方にオススメです。
・スコアが伸び悩んでる
・スイングに変な癖がついてしまった
・100切ることができない
・ドライバーの飛距離を伸ばしたい
・何から始めていいかわからない

ゴルフの腕を上達させるには同じコースを回ったほうが良いのか?
最新情報をチェックしよう!