大人がゴルフにはまる理由と、はまる人とはまらない人の違い

ゴルフは、大人がはまるスポーツです。
この記事を読むとなぜ大人がゴルフにはまってしまうのか、そしてはまってしまう人とはまらない人の違いは何かが分かります。
街中にはゴルフグッズの専門店や、ゴルフの練習場がありますが、これは多くの人がはまってしまう何よりの証拠です。

ゴルフにはまる人はいるの?

結論から言うとゴルフは大人がはまってしまうことが多いスポーツです。
ただし、はまる人とはまらない人の差がすごく大きいスポーツでもあります。
はまらない人にとっては、「なぜ大の大人があんな小さなボールを打って、穴に入れるだけの事にあんなに熱中するのか」、と首をかしげてしまうでしょう。
ただはまってしまった人には、すっかりゴルフの魅力に取りつかれて雨の日でも雪の日でも、朝早くからゴルフ場に行きたい!となる程に身も心も奪われてしまうのです。

近くのゴルフ練習場には休みの日ともなると、ずらっと並んだプレイヤーが思い思いに遠くのネットに向かってショットを打ち込んでいきます。
老若男女、年齢も性別も様々な人々が真剣に練習しており、使っているクラブは数万円から高くて数十万円するものまで様々です。
街中のゴルフショップを覗くと、こちらもゴルフ好きの人々が集まって道具を選んでいます。
ある人は真剣に、ある人は楽しそうに商品を見ています。
最近のゴルフウェアは動きやすい機能性だけでなくカラフルでお洒落なセンスの良いウェアが並んでいて、見ているだけでも楽しくなることでしょう。

ただしゴルフ練習場はあくまでゴルフの練習をするための場所で、そこが目的ではありません。
またお洒落なゴルフウェアを買う事や、高級なゴルフクラブを買うのも、目的は一つ、つまりゴルフ場で思い切りプレーをすることなのです。
一度ゴルフにはまってしまうと、ゴルフ場に行ってナイスショットを打つことが何よりも楽しみになります。
また、コースを廻った後に待っている仲間との楽しい食事や温泉は、ゴルフにはまっている人を更に虜にするでしょう。

ゴルフにはまる理由

あんな小さな止まっているボールですが、初心者がクラブを握って初めて振ってみても、全く当たらずに空振りしてしまいます。
それかボールの角に当たってコロコロと転がるか、全く意図しない方向に飛んで行きます。
つまり、「ゴルフは難しい」これこそがはまる一つの理由です。
ただし、難しすぎるのではなく徐々に上手くなっていくのです。
何度も練習する内に身体の使い方を覚えて、真っ直ぐボールを打てるようになっていくでしょう。
ゲームが難し過ぎれば人は諦めてしまうし、ゲームが簡単過ぎれば直ぐに飽きてしまいます。
ゴルフは丁度良い難しさで、課題を達成した際に喜びを感じられる、それが何度も連続していく内にすっかり虜になってしまうのです。

ゴルフは最大14本のクラブを使うことが出来ます。
それぞれ1本毎に種類が異なり役割も違うため、プレイヤーはその時々でどのクラブを選ぶかを判断して、カップまでの距離、天候、コースの状況を考慮しながらショットを打ちます。
ボールは止まっているので、失敗した場合の結果は自分に掛かってきます。
つまりいかにして少ないショットでコースをクリアできるか、これは多分に戦略的なマネジメントが求められる部分と言えます。
自分が思い描いていた通りにショットを打てた時、それはゴルフにはまる理由として十分です。

ゴルフ場に行くと、とても清々しい気持ちになります。
広々とした敷地に綺麗な芝生、遠くに山が見えたり海が見えたりと、大人になってからは自然の中で何時間も過ごす機会は普段あまり無い事なので、そのような環境にいるととても楽しい気分になれます。
また仲の良い友達や気の合う仲間と楽しくおしゃべりをしたり、プレー後の食事や温泉は格別です。
空気の良い環境で、色んな人とコミュニケーションを取りながらプレーが出来るゴルフってやっぱり楽しい!
ゴルフ場で初めてプレーした方の中には、そんな感想を持つ人は少なくありません。

大人がゴルフにはまると言い切れる根拠とは?

大人はゴルフにはまる、と言い切れるのでしょうか。
「ゴルフ」という単一のスポーツで、その専門店があちこちに出来るという事実があります。
他のスポーツ、例えば野球やサッカーというスポーツには無い現象です。
またテレビでプロのゴルフトーナメントの中継をしたり、街中のゴルフ練習場には週末になると多くの人がゴルフバッグを担いでやって来ます。
多くの人は自分の実力を磨くために自ら進んで練習します。
それは健康のための運動としてではなく、もっと上手くなりたいからと自主的に練習をするのです。
本当に嫌いであれば、自分の貴重な時間をなげうってまでして練習するでしょうか。
最低で何万円もするゴルフクラブのセットを自主的に購入したりするでしょうか。
人は好きな事には自分の持っている時間とお金を出します。
ゴルフ練習場で練習している人やゴルフクラブを購入した多くの人はゴルフにはまっているのです。

ゴルフにはまりやすい大人とは?

ゴルフにはまりやすい人

それではゴルフにはまりやすい人はどのような性格の持ち主でしょうか。
先ず一番は負けず嫌いかどうかで、ゴルフにはまりやすいか大きく左右されます。
負けず嫌いであれば、人より多く練習して少しでも上手くなろうと懸命に努力します。
どんなスポーツでも同じですが、自分で自主的に目標を立てて練習すると徐々に上手くなっていき、プレーする事が楽しくなってはまりやすくなります。
他には凝り性、研究熱心や社交性が高人もはまる確率が高いとされます。

ゴルフにはまりにくい人

逆にゴルフにはまりにくい人の特徴はどんなものでしょうか。
先ず言えるのは社交性が無い人が挙げられます。ゴルフコースをグループで廻る場合、5時間程度も他の人に気を配りつつ一緒に行動しなければなりません。
そのためゴルフにはある程度の社交性が必要です。
また飽きっぽい人もゴルフにはまりにくいと言われています。

ゴルフは、大人がはまるスポーツです

というわけで、ゴルフは大人がはまるスポーツだという事が分かりました。
ゴルフにはそれだけの魅力があり、はまる人にはのめり込む要素がたくさんあって、実力を高めていくやり込み要素がたくさんあります。
はまった人は少しでも上手くなるために練習量を増やし、良いゴルフクラブを購入して少しでも遠くへ飛ばすために練習を重ねていきます。
またゴルフ雑誌を購入して知識を増やし、コースを制覇するための戦略を研究します。
こうしてゴルフにはまった人は、技術的にも戦略的にも上手くなっていくのです。

今、使っているゴルフクラブに満足していますか?
4.8

あなたにオススメできる理由!
・専門的なアドバイザーに相談できる
・ゴルフクラブが3,000点以上の品揃えと業界最大級
・口コミが充実で参考になる
・購入して翌日お届けの商品が多数

大人がゴルフにはまる理由と、はまる人とはまらない人の違い
最新情報をチェックしよう!